UNPLAN Kagurazaka

ホステル | 東京都新宿区天神町 | 2016年

神楽坂駅歩3分に位置する、外国人バックパッカーや若い出張客をターゲットとしたホステルのインテリアデザイン。ビルの特徴である大ガラス開口を利用して、シナベニヤの素地をいかした箱型ベッドユニットを入れ子状に挿入し、道路面に並べてホステルの印象的なファサードを形成した。休息環境を確保しつつ、ベッドの小窓を通して自然光や街とのつながり感も得られる。宿泊客以外にも開かれたラウンジのある1階は、対面型のフロントをあえて設けず、受付・コンシェルジュ機能を兼ねた大テーブルを中心にゲストやスタッフ間の自由な交流を促す空間とした。

設計(内装):アイダアトリエ/照明計画:岡安泉照明設計事務所/カーテン:安東陽子デザイン/施工:ベネフィットライン(内装)、アオキ家具アトリエ(ベッド)/写真:野秋達也

敷地面積:359.78m2 建築面積:202.65m2
延床面積:570.57m2 構造規模:鉄骨造・地上3階

ウェブサイト:UNPLAN Kagurazaka

受賞歴

AR BnB Awards 2016, Commended
JCDデザインアワード2016・銀賞

掲載

Architectural Review, Issue 1434, Sep. 2016
Archdaily, Gooood.hk